スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)「PURPOSE TOUR」 on 8/13・14 日本公演への感想

両日行ってきました!2日間のジャスティン・ビーバーの来日ライブ!

今回のライブは、昨年ジャスティンがリリースした快作アルバム「PURPOSE」を引っ提げたツアーの一環での日本公演。
会場は幕張メッセ1~3ホールという大舞台。かなりの収容人数だったと思うが、チケットは即日完売したということで、ジャスティン・ビーバーの人気がうかがい知れる。

ちょっと変な書き方をするが、ジャスティン・ビーバーはショーを行うパフォーマーとして、ポップスターとして、とても「ジェントルマン」だったということを伝えたい。本当にすばらしいショーだったので、いくつか書きたいと思う。

まず、両日ともライブがアナウンスされていた定刻にスタートした。びっくりするくらいほぼ時間ぴったりに。フェスでもないのに、だ。
これには驚いた。他の国での公演でも、もしかしたら彼は定刻開演に徹しているのかもしれないが、特に日本人は時間にうるさい。そこを踏まえて、しっかりと定刻でスタートさせるという文化に合わせてきたと言ってもいいのかもしれない。当たり前のようで、これはなかなかないことである。

会場が暗くなった瞬間、悲鳴のような歓声があがる。さすがは世界トップクラスのポップ・スターである。

映像演出でまずはスタートする。崩れ去る瓦礫とともに落ちていく一人の男の影。もちろん、それはジャスティン・ビーバー。どんどん自分というものが、「崩れていく」中、会場に響く音楽がボルテージをあげていく。

そして、いよいよ本格的に1曲目がスタートし、ジャスティン登場か!?というところで、崩れたはずの瓦礫が一気に上に戻ってきて「PURPOSE」という文字を形成。その直後にジャスティン・ビーバーが姿を現し、「PURPOSE」1曲目に収録されている感動的な「Mark My Words」がスタートする。それは、ジャスティン・ビーバーが再びミュージシャンとして「再生」し「新生」したことを告げるライブの始まりだった。完璧だ。

絶叫のような歓声が上がる中、ジャスティン・ビーバーはランウェイまで歩いてくる。ジャスティンがちょっと観客側に近づいたり動いたりするだけで、ギャー!という金切り声があがる。その観客の興奮がまた最高だった。

そのあとも、旧作の人気曲を織り交ぜながら「PURPOSE」に収録されている曲を中心に、ジャスティンはパフォーマンスを披露していく。「もうジャスティンいらないんじゃないの?(笑)」と思わず言いたくなるくらいの映像演出、数多くのすばらしいダンサーたち、そして重厚な演奏を終始行ってくれたバンドを率いて。

ライブで披露されるR&Bを基調とした1曲1曲が本当にかっこいい。「これは、まあふつう」といった曲、展開が一切ない。いかに彼がすごい「ポップ・スター」であるか、ばっちり証明していた。バンドのめちゃめちゃかっこいい演奏により、そんなソングスのもつカッコよさがさらに拡張されて、もう無敵だったといえる。

・・・と書いておきながら、ここで落とすようなことを書くが、彼はライブ中、ろくに歌っていない。ほとんど、いわゆる口パクである。まともに最初から最後まで歌った曲はおそらく中盤のアコギでの弾き語り3曲と、あと2~3曲くらいだったのではないだろうか。
ライブ終了後、ツイッターで観客の反応をみると「マジで、ジャスティンひどかった!ほっとんど口パクだったじゃん!客をなめすぎ!」というツイートがあったくらいだ。

ただ、ひとついえるのは彼がまともにしっかり歌っていたと思われる曲のパフォーマンスにおける、彼の歌唱は最高だった。のびやかな高音と美声が会場全体に突き抜けていた。特にアコギでの弾き語りの3曲における彼の美メロと美声にはメロメロになった。
おそらくちゃんと歌おうと思えば、彼は録音をながすことなく全曲歌いきることができたと思う。しかし彼はそれをしない。

正直、俺も初日はそれにとまどった。あまりにもジャスティンは歌わない。むしろ歌う場面だというのにマイクをそこらへんに放り投げて、ダンスに徹したり、客を煽ったりすることだけを行う場面も散見された。じゃあ、ダンスがすごく激しいかと言ったら、正直普通だ。「ジャスティン、ダンスはんっぱねぇ!」といえることは全くない。ポップスターという位置づけとしては・・・、うん、普通だった(笑)。

ただ一ついえることがあった。

なんか、ずっと、カッコいいのだ。

・・・いや、というかずっと「カッコつけている」のだ。

手を動かして客を煽っている場面、水を飲んでいる場面、ダンサーをねぎらうかのように手を取り合う場面、もちろんマイクをもって歌っている(歌っているようにみせる)場面においても、いちいちカッコよくみえるように動いているのだ。

カッコよくみえるのならば、音楽はバンド演奏と「録音」にまかせて、もはや口パクすらせずに、マイクを放り投げてダンスに徹する。
そんな「カッコつけ」がライブの最初から最後まで貫かれていたのだ。

ここで俺は、はっとした。彼がカッコつける姿をみるたびに、自然と俺もバンド演奏と彼の録音の歌声にどんどん乗せられていって、ボルテージがあがっていたのだ。もちろん女の子たちなんて、ジャスティンがカッコつければカッコつけるほど、ジャスティンにくぎづけになっていく。そして時折聴かせる彼の「生声」がこれまた会場を熱狂される歯車の一つとして「機能」していくのだ。

そんな彼の姿を2日間通して観て、俺は思った。彼は、あくまでみんながみていてカッコいいと、楽しいと思ってくれるステージをつくることに徹しているのだと。

そのために一番必要なのは、みんなが会場まで来てくれる最大の理由、つまり、ジャスティン・ビーバーという存在そのものを「カッコイイ」ものとして観客たちの目に焼き付けることだと。それこそが「ショー」を一番の成功に導くものになるということを、彼は受け入れたうえで、あえてマイクすらもたずに「カッコイイ」をつくっていくのだ。

繰り返しになるが、だから俺はそんな彼のことをポップスターとして「ジェントルマン」だといいたいのだ。

・・・最後の締めとして、これまた繰り返しになるが、そんな「カッコつけ」が成立する理由は、もちろん、曲がいいからだ。「PURPOSE」に収録されている曲は美しいメロディとノリノリのダンスミュージック、そして彼のR&Bへの愛に満ちている。そんな曲たちがあるからこそ、彼はカッコいいのだ。

本当に、すばらしいSHOWだった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。