スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lainとまどかの偏在のあり方について

まどか☆マギカが終わった。このアニメは2011年度もっとも有名なアニメになることは間違いない。

まどかは、結果として、魔女を生み出さない世界を創りあげるための戦う概念として、世界を再構築し、遍在することになった。

この、少女であった存在が世界を再構築し、世界に遍在するという物語のアニメは、98年にもあった。

それは、serial experiments lainというアニメである。僕の一番好きなアニメである。



lainは、どういう話かというと、すごく簡単に書くと、wiredとよばれるネットワーク(インターネットと考えてもらうとわかりやすい)と、現実世界(アニメでは、リアルワールドといわれている)がlainという一人の少女によって、混在し、つながっていくという話である。

Lainは、実は、wiredとリアルワールドをつなげるソフトウェアでしかなかった。しかし、ホムンクルスの肉体を得ているlainは、自分という存在を問うた。

「わたしって誰?」これが、lainをしばる問いとなった。

lainが画面の向こうにいる視聴者に問いかけるシーンがある。

「えっと、わたし、またわかんなくなっちゃって・・・・わたしがいるの、こっちなのか、そっち側なのか、あたし、そっち側のどこにだっている。それは知っているの。だって、つながっているんだもの。でしょ?でも、わたしの、本当のいるわたしのいるところって、どこ?あ、本当のわたしなんて、いないんだっけ。わたしは、わたしの存在を知っている人の中にだけいる。けど、それだって、いま今こうやってしゃべっているわたしは、わたし、だよね。このあたしって、あたしって、だれ?」

lainは世界を一旦リセットし、wiredとリアルワールドをつなげた。それによって、もともとそれらをつなげるために生み出されたlainは世界に遍在する存在となった。そう、wiredとリアルワールドをつなげることでlainと視聴者である「ボク、あなた」の境界線がつながったのである。
これによって、lainはlainとしての存在を示そうとした。しかし、ここには希望もなにもない。ただ、これは、lainと他者の存在の境界線をつなげただけであり、それ以上でも以下でもない。しかし、つまりこれは、lainを介して、人々の潜在意識がつながったということも意味している。この自己、人々の世界のつながり、ネットワークとリアルワールドの境界線のあり方を、サイコ・ホラーアニメとして提示したlainは昨年ブルーレイ化して、最注目されることになった。


では、まどかはどうか?まどかは、魔法少女が、魔女になるという最後の因果を打ち砕く祈りを、インキュベーターを通じて叶え、最終的に魔法少女となった。

魔法少女が、希望の存在であり続けるために、自らが、希望そのものとなって、戦い続けるという、世界のあり方すらも変えてしまう願い。それは、この人類世界を発展させた魔法少女の絶望と嘆きをすべて背負うことと道義である。

Lainとまどかのあり方は似ているようであり、全く違う。

Lainは自己のあり方を考え続けた結果、世界に遍在する存在となった。だが、まどかは、他者、世界に対して、自分自身を偏在する存在として、戦い続けることを選んだのである。

Lainあり方も、まどかの決断も、正解だったのかどうか、それはだれにもわからない。ただ、12年という月日を経て、世界に遍在する少女のあり方は次のステップにいったのかもしれない。

自己というものの認識、あり方を問い続け、結果としてwiredとリアルワールドをつなげて、世界に遍在する存在となったl「ain」を超えて、他者、世界の希望となって、戦い続ける存在になることによって、はじめて、自己のあり方を定義づけることになった「まどか」へと、少女の遍在の描かれ方が進化した瞬間を僕は、22日の深夜に目の当たりにして、目頭が熱くなった。


やはり、lainでのテーマを一歩超えたところに、まどかというアニメは到達していたのである。

これが、僕が、まどか☆マギカを好きである決定的な要素となった。

この二人の少女のあり方の違いは、アニメがネクストステージにいったことを僕は意味していると思っている。
スポンサーサイト

ショートストーリー「セブン」

タモツは、自身の朝のある行為を今更ながら後悔することになった。母の東子が安売りしていたからと大量に購入した1.5ℓのコーラの一本の半分を朝っぱらからラッパ飲みしたせいで、1時間目の国語の今の時間に、多大なる尿意、便意に襲われていたからである。

タモツは悩んだ。一刻もはやくトイレにいってうんこをしたい。しかし、この小学校、それも低学年生の集団生活において、「学校のトイレでうんこをする」という行為によってその後どれだけ多くの同級生から、からかわれることになるか。それを考えるだけで、鳥肌がたった。しかも裏掲示板に、「タモツ、学校のトイレでうんこしたよwwあいつのウンコまじくせぇ」なんて書かれたら、一巻の終わりである。タモツはしばらくの間、「うんこマン」というレッテルを貼られて毎日を過ごすことになってしまう。

しかし、教室で、万が一、うんこをもらしたらもっとひどいことになるだろう。だが、今は授業中。どうすればいいか、タモツは考えた。そして、先生に「先生、具合が悪いので、保健室にいっていいですか?」といって、うまく教室を抜け出し、トイレに駆け込めば問題ないのではないだろうかという考えにいたった。授業中ならば、だれもトイレにはいないだろうし・・・。よし!そうしよう!タモツは自身の保身と便意からの解放のために、先生に嘘をつくことを決意した。

「先生、あの・・・・」意を決してタモツは手をあげて、先生を呼んだ。すると、いつもいろいろな生徒にちょっかいをだすような奴はクラスに一人はいるもので、そんなキャラのワタルが「お!?お前、ウンコしたくなったとか?やめろよぉくさくってトイレいけなくなるよぉ」なんて大声でいったものだから、教室にいる男子がどっと笑いだした。

もちろん、ワタルはただ単に笑いがとりたくてそんなことをいったわけで、タモツが本当にトイレにいって、うんこをしたいということを見抜いているわけではない。

先生は「ちょっと、ワタルくん。そうやって人をからかうのをやめなさい。で、タモツくん?なに、本当にトイレに行きたくなったの?」とタモツに尋ねた。

タモツは、すこし躊躇したが、「い・・いや、トイレじゃなくて、具合が悪くなったので、ちょっと保健室にいっていいですか?」と先生に、わざと弱弱しく声を発して頼んでみた。

すると先生は「あと10分で授業がおわるから、それまで我慢できないかしら?みたところ、顔色もよさそうだし」と、予想だにしないことをタモツに言ったのである。しかし、ここで、タモツはまずかった。

「・・・は、はい。わかりました」タモツは思わず、承諾してしまったのである。
一分一秒たりとも予断をゆるさないタモツの便意はひどくなるばかりであった。
タモツの顔はいよいよ紅潮してきた。タモツは東子を恨んだ。いくら、安くて、それもいっぺんに買ったほうがさらに安くなって、お得だからって、あんなに大量にコーラを買ってこなくてもいいじゃないか・・・・

しかも、タモツのことを教室の誰も気遣わなかった。タモツが、保健室に行きたいと、嘘であったとしても、発言し、しかも彼の頬が紅潮しているというのに、だ。タモツの隣の席の女の子はちらっと心配した素振りをみせたが、結局なにもいわずに、黒板に書かれたことを一生懸命ノートにとることを優先した。タモツは、そんなクラスメイトたちの態度を恨んだ。ただ食物・飲料を摂取し、エネルギーを得た代償として、いらなくなったものを外に排出しなければ、循環しないという人間の身体の構造を恨んだ。そして、なによりも、「学校でうんこをしたら恥ずかしい思いをし、からかわれるような事態になる」という小学校特有の空気を恨んだ。

そうこう考えているうちに、タモツの我慢はいよいよ限界にきた。もう、だめだ。タモツはその場で立ち上がり、一目散にトイレにかけこもうとした。しかし、時すでに遅し。本当に限界に達していたのである。タモツは席を立った瞬間、膀胱が刺激され、まずは小便をもらしてしまい、その勢いで大便ももらしてしまったのである。

教室は騒然とした。タモツの席付近は水びだしとなり、さらに、直接目にはみえないが、タモツのパンツの内側にはうんこが放出されたわけで、教室に臭いが充満したのである。

教室から逃げ出す生徒、ただびっくりしてタモツをじっとみている生徒、ケラケラ笑いながら携帯でタモツの醜態の写真を撮っている生徒、すぐに雑巾をとりだす生徒と、様々な生徒の反応がそこにはあった。

タモツは泣いた。己の情けなさに泣いた。こんなことなら、初めからトイレにいっとけばよかった。「うんこマン」といわれ、からかわれるほうが、全然ましだった。正直に、先生にトイレに行きたいと一言いえば、事態はぜんぜん違うものになった。いや、そもそも朝から、あんなに、コーラをがぶ飲みしなければよかった。タモツは後悔し、結局、自分自身を一番恨んだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。